ご利用にあたって 

■安心して長くお続けいただくために、次の事柄をよくお読みください。

仙骨バランス法は、自然治癒力の開発を目的とするもので、病気を治すための治療法ではありません。

タオは医療機関ではありません。病気の原因を調べる、治る・治らないの判断をする、予後を推定する、薬を出す、傷・骨折等の手当てをするなどの「医療行為」は行いません。

仙骨を「気」で調整するという仕組みは、科学的に証明されたものではありません。理論を信じる・信じないではなく、実際に起こる心身の変化をお確かめください。

施術後の変化は、個人差、大。
施術直後にはっきりと違いがわかる場合もあれば、何時間、何日後に現れる変化もあります。

本人が気づきにくい変化、あるいは人に言われて気づく変化もあります。
たとえば寝ている間のいびきなど、周りの人の意見もご参考ください。

薬を服用中の方は、体の変化にともなって、薬の適合性・必要量などが違ってくる可能性があります。「合わない」、「効きすぎ?」、「効かない?」などの感じを受けられた場合は、担当の医師とご相談のうえ、適宜調整してください。

施術後にあらわれる心身の変化は、すべて体の自発性によるものであり、副作用ではないことをご理解ください。体に何も加えない施術だから言えることです。

しばらく続けて状態が改善しない場合は、医療機関の受診をおすすめします。

施術を継続する過程で、いったんよくなった症状がぶり返すことがあります。
これを逆行(あるいは浄化)現象と呼びますが、実質的な後戻りではなく、次のステップに進むための好転反応のようなものです。これを乗り越えると、一段と状態がよくなることが多くの事例で確認されています。

逆行現象は、数時間で消えるものから、数か月続くものまで個人差があります。
たいていは数日以内に消えます。

逆行現象とは別の問題が発生している場合もありますので、不調が続く場合は医療機関の受診をおすすめします。

長年の実績より、施術ごとに引き出される治癒力は、時間の経過で消えるものではなく、蓄積・維持するものと感じています。たとえ月に1回でも継続することで治癒力は積みあがっていきます。マイペースでお続けください。

プライバシーの保護に努めます。心を開いてお気軽にご相談ください。

タオ流仙骨調整
home