寝る前9回で必ずやせる!


太学功は、中国皇帝の健康と不老不死(今でいうアンチエイジング)のために特別に追及された気功法。
太学功ストレッチは、太学功の継承者、丁治紅(てい・じこう)氏が同気功をベースにアレンジした気功ダイエット。
呼吸に合わせ、背中を曲げる・伸ばす、一連の動作を寝る前9回行うだけで、全身に気(生命エネルギー)が行き渡り、健康でメリハリのある体がつくられます。 


基本姿勢   



床に両手と両膝をつけ、両膝の間隔をこぶし2つ分あける。 





腕を伸ばす。床と腕の角度、膝の角度が直角になるようにする。
   
鼻から息を吸いながらおへその覗くようにしてゆっくり背中を持ち上げていく(9秒)。
尾てい骨から背筋、首の後ろ、後頭部まで、グーッと伸ばすように意識して、最大限に背中を上げて(腹筋を引き締める)息を吸い込む。 
   
   お腹をゆるめながら、鼻から息を吐き、腰と足の位置は保ったまま、上半身の力を抜いて腕を前に伸ばし、肩をできるだけ床に近づける。
身体の前面が伸びるのを意識して、上半身をできるだけ沈め、腹筋を絞るような感じで息を9秒で吐ききる。
   
   
床に両手と下半身をつけ、脚を伸ばす。
お腹をへこませながら、鼻から息を吸い、お尻に意識して力を入れ、ゆっくり上を向く。骨盤を床に押し付けるような感じで お尻の筋肉を引き締める。
身体の前面を、グーッと伸ばすよう意識して、最大限に上を向いて9秒かけて息を吸い込む。
   
   
お腹をゆるめながら、息を鼻から吐き、腰、お尻、太ももの力を抜く、上半身の余分な力を抜いて下を向き、9秒で息を吐ききる。

行う回数と時間は、一連の動作(1〜4)を9回、就寝前に行うのが理想的。
できれば起床時も。
9回行うのが辛い人は、まずは1回から始めて徐々に回数を増やし、最終目標を9回にするとよいでしょう。
体が硬い人は、無理をせず、できる範囲で行ってください。腰痛の人は、痛みのない範囲で行いましょう。

6か月続けてみました。
・太学功ストレッチを始める前の体重は、61.5kg。現在、57.0kg(マイナス4.5kg)。一時、56.5kgまで減りました。
・やり始めの頃、腰痛が出ましたが、1か月ほどで消えました。
・もともと少食ですが、さらに少ない量で足るようになりました。
・ウエストが締まって、ズボンがブカブカに。
・このまま続ければ、今の体重・体型をずっと維持できそうな気がします。

タオ流仙骨調整

home